wouldとcould

CONTACT ME
  1. HOME
  2. 英文法
  3. wouldとcould

丁寧な依頼

Would you~?” と “Could you~?” は、どちらも「~してくれませんか」という丁寧な依頼形です。

文法的に言えば、if の条件節が省略された仮定法表現。

would と could の丁寧さの度合いは、「could > would」と書かれていることもあれば、「could < would」という説明もあります。
シチュエーションによっても変わるので、そのあたりは曖昧な様子。


could と would は、ほぼ同じように使えますが、若干ニュアンスが違ってきます。


  • Could you →(△△して欲しいので、できれば)△△してくださいませんか
  • Would you →(申し訳ないのですが or もしよければ)△△してくださいませんか

Could you のほうは、自分の願望が前面に出ている感じです。

プロポーズの言葉で、“Would you marry me?” とは言っても、“Could you marry me?” がちょっとおかしな感じがするのは、そのため。

もっとも結婚を申し込むくらいの間柄なら、“Will you marry me?” で十分な気もします。


逆に、「うるさいので静かにして欲しい」と伝えたい時。

本当は命令形で、“Keep it down!”(静かにして) と言いたいところを、あえてやんわり告げる場合は、Could you (please)~? で十分です。

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system