シラブルと活用形

CONTACT ME
  1. HOME
  2. 英文法
  3. シラブルと活用形

シラブル

シラブル(syllable)は「音節」のことで、「1個の母音」または「1個の母音+1個以上の子音」をひとつの単位とします。

言葉で説明するとややこしいですが、たとえば、syllable という単語は、syl・la・ble と3音節。

ひとつの音節には、必ず母音が入ります。

  

母音とは

母音は、「a、e、i、o、u」という5つのアルファベットがすぐ思い浮かびますが、y が含まれる場合もあります。
先程の syllable という単語でも、“y” の音が母音です。

wear(着る) は、“e” と “a” 2つの母音字があっても、シラブルはひとつ。
発音は [wέər] で、[έə] は「二重母音」と呼ばれるものです。

  

過去形と進行形

動詞の過去形や進行形で -ing や -ed をつける時、直前の子音が重なる場合があります。


  • stop(止まる)- stopping - stopped
  • plan(計画する)- plannning - plannned

「1母音字+1子音字」で終わる、シラブルが1つの動詞は、子音を重ねます。つまり、スペルが短い動詞の時。
stop も plan も、それですね。

ただし、snow(雪が降る)、fix(取り付ける)のように、wx の場合は、子音を重ねません。

また、「2母音字+1子音字」でも、子音は重なりません。
たとえば、rain(雨が降る)- raining - rained だし、heat(熱くなる)- heating -heated です。


では、prefer 「pre・fer」(より好む)や admit 「ad・mit」(認める)など、2音節のときはどうかというと。

これも、「1母音字+1子音字」なら、子音を重ねます。

が、visit(訪問する)は、「vis・it」、offer(申し出る)は「of・fer」なのに、visitted や offerred とはなりません。

最初のシラブルにアクセントがある場合は、子音は重ねない、というルールがあるためです。


<子音を重ねる場合>

1音節の動詞「1母音字+1子音字」なら重ねる 《例外》子音字が、w か x の時
2音節の動詞「1母音字+1子音字」なら重ねる 《例外》第1音節にアクセントがある時

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system