ミス・ミズ・ミセス

CONTACT ME
  1. HOME
  2. 英文法
  3. ミス・ミズ・ミセス

MissとMs

Miss は、一般的に未婚女性に付ける敬称ですが、既婚者でも旧姓のままの女性などには、Miss を使うこともあります。
あるいは若い女性への呼びかけ。

映画『タイタニック』で、“Where to, Miss?”(お嬢さん、どちらへ?)という台詞がありました。チャラい感じではなく、丁寧な呼びかけです。

ビューティーコンテストの「ミスコン」も、勝者の称号は、Miss [mís]。
Miss の複数形は、Misses [ḿɪsəz]。

未婚・既婚の区別なく使える Ms が、一般的に好まれるものの、まだ Miss は廃れてはいません。

Ms は、1950年代に Mrs と miss の混合として使われるようになったとか。

Ms の複数形は Mses [mízɪz]。複数形はあまり見たことない気がします。

  

Mrs

Mrs は、既婚女性への敬称。発音は [mísiz] 。

mistress(女主人)から来てます。
ちなみに、mistress の発音がなまった、missus [mísəz] という語もあり。missus は、くだけた言葉で「妻」の意味です。

Mrs の複数形として、Mmes と辞書に載ってますが、これはフランス語由来の madame(夫人、いわゆるマダム)の複数形 Mesdames の略らしい。


Ms や Mrs の最後のピリオドは省略されることも多々。

通常は「敬称+名字」ですが、何か含みを持たせる場合などには、「敬称+フルネーム」で呼んだりします。

以下は、Weblioより引用。

Mrs. Mary Jones のように用いるのは手紙のあて名または時に未亡人の場合に限られる。ただし 《主に米国で用いられる》 では夫があってもこの形式を用いる人が多い

「敬称+ファーストネーム」は原則からは外れているけど、実際は使うこともあるようです。なにせ言葉は生き物。

そういえば、映画『ミスター・アーサー』も、原題は Arthur ですね。

saint(聖人)の略語 St. と Mr. は併用できるらしく、Mr. St. Patrick、Mr. St. Nick という言い方は無きにしもあらずです。

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system