drunkとdrunken

CONTACT ME
  1. HOME
  2. 英文法
  3. drunkとdrunken

使い方の違い

drunkを使う場合

drink(飲む)の活用形は、drink - drank - drunk。

「酔った」という形容詞の場合、通常 drunk は、動詞の後に来る叙述用法です。
一方、drunken は、限定用法のみの形容詞で、叙述用法はありません。


「彼らは昨夜酔っぱらっていた」と言うなら、

  • They were drunk last night.→○
  • They were drunken last night.→×

基本は叙述用法なのに、drunk はちょこちょこ、名詞を修飾する限定用法として用いられています。

drunk driver(酒気帯び運転者)、drunk driving(酒気帯び運転)などは、慣例的に定着した言い方です。

また、drunk dialing(酔っぱらって掛ける電話)や、コンピュータ用語で drunk mouse (ポインタが異常な動きをするマウス)などもOKらしく、drunk の限定用法も意外と見かけるかもしれません。


drunkenを使う場合

結局のところ、drunk も drunken も名詞を修飾します。

drunken の方が好まれる場合としては、


「(人が)飲酒した結果の」という時
例)drunken brawl(酔った上の喧嘩)、drunken party(どんちゃん騒ぎ)
「頻繁に飲酒する」という含みがある時
例)drunken husband(飲んだくれ亭主)、drunken mother(酔いどれの母)

「飲酒が原因となった」とか「飲酒を特徴とした」「飲酒ぐせのある」と言いたければ、drunken の方が良さそうです。


driver に付けるには、drunk driver と drunken driver どちらも言えます。
通常は同じ意味ながら、法律上区別することもあるとのこと。

drunk driver は「規定値を超えてアルコールが検出された運転者」で、drunken driver は「酩酊した運転者」。

どっちもどっちとはいえ、drunken driver の方が業が深い感じがします。


A differentiation between drunk and drunken is sometimes made in legal language, wherein a drunk driver is a driver whose alcohol level exceeds the legal limit, and a drunken driver is a driver who is inebriated.

drunk - The Free Dictionary

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system