語学学校の見つけ方

CONTACT ME
  1. HOME
  2. ワーキングホリデー
  3. 語学学校の見つけ方

語学学校

ワーホリに行く時、語学学校の入学手続き、ホームステイ先の手配、航空券の予約など、手続きはすべて旅行代理店にやってもらいました。

1年もの長期滞在は初めてだったため、代理店に任せきりでしたが、自分でやればもっと安くできます。

英語学校はフルタイムで、金曜日などは半日でした。

ワーホリ中、語学学校に通える期間は限られています。それ以上の期間となると、「学生ビザ」を取るか、一度学校をやめてまた再入学するか、別の学校に通ったりするかの選択になるはずです、制度的には。

実際のところ、一度ワーホリビザを取ってしまえば、その後は審査のようなものはほぼ入りません。

最初の2ヶ月間、私が通ったのは「クラウン・イングリッシュ・ランゲージ・アカデミー」という語学学校です。その後は、自分で安い学校を探して語学レッスンを受けたりしてました。


▼クラウンでもらった、シティの地図

クラウン

  

ワーキングホリデーでも、初めは語学学校に通う人がほとんどです。
学校に入れば、学校側がホームステイ先も世話してくれるので、当面の住む場所には困りません。

現地での生活に慣れてきたら、自分で学校やフラットを探すとよいかと思います。

語学学校は、クラス、料金や雰囲気、評判などから選べます。が、多分どこを選んでも、日本人がいっぱいです。

学校内で「英語以外使用禁止」という建前があっても、日本人同士だと日本語の会話になりがち。積極的に英語を使わなければ、せっかく語学学校へ通っても、英語がしゃべれないまま終わってしまいます。

短期留学やワーホリを扱う代理店は多々あり、無料で一括資料請求することもできます。


留学くらべーる

  

コミュニティスクール

高額の語学学校の他に、地域密着型のコミュニティスクールがあります。

フルタイムではなく、週2~3回で夕方のみ、といったものですが、レッスン料は安く、月謝ではなく参加した日に払えばOK。

すでに現地で生活している方々が多く、語学学校に比べて日本人の割合は少なめです。
場所は、コミュニティセンターや、大学の構内などで開かれています。

コミュニティスクールの詳細は、現地で手に入れるしかありません。

無料の情報ペーパーや、大学の掲示板、図書館などをチェックすると、ナマの情報が集まります。

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system