洋画の台詞で英会話

CONTACT ME
  1. HOME
  2. 英語を楽しむ
  3. 洋画の台詞で英会話

あなたのために

あなたのために [DVD]

  

polka dot(水玉模様)

Get you some green polka-dot house shoes.
「緑色の水玉模様の家履きを取っておいで」

「水玉の」という形容詞は、ハイフンでつなぐか、polka-dotted と“-ed” を付けることもあります。polka dot は、中ぐらいの大きさの水玉模様。
「横縞の」は laterally-striped や horizontal-striped。「縦縞の」なら、vertically-striped。

  

in a mess(窮地に陥って)

Then where is the prick who put you in this mess?
「で、あんたを困らせたひどい奴はどこなの?」

in a mess は「取り散らかして」「混乱して」。そこから「めちゃくちゃな状態で」「苦境に陥って」という意味でも使われます。
台詞では in this mess ですが、in a right mess(本当に大変な状態で)のように形容詞が付くこともあり。

  

クロウ-飛翔伝説-

クロウ-飛翔伝説- [Blu-ray]

  

freeze(凍りつく)

I thought the police always said, ‘Freeze!’
「警察はいつも『動くな』と言うのだと思ったよ」

台詞通り、警察などが容疑者や不審者に対して使う言葉です。意味は “Don't move!”(動くな)と同じ。強い言い方なので、もし “Freeze!”と言われたら、動かない方が無難です。

  

キューブ

CUBEキューブ Blu-ray

  

why me(なぜ私が)

Why me and not one of the other ten million doctors out there?
「なぜ私なの? 他に医者は1千万といるのに」

他の誰かではなく、なぜ自分なのかと言いたい時に使えます。この場面では、疑問というより理不尽さを愚痴ってる感じ。

  

go to all the trouble to(わざわざ~する)

You think somebody would go to all the trouble to build this thing if you could just walk out?
「もし普通に外へ出られるなら、わざわざこんなものを誰かが作ると思うのか?」

go to (all) the trouble to-不定詞で、「わざわざ~する」「~するのに骨を折る」。

  

キンダガートン・コップ

キンダガートン・コップ [DVD]

  

party pooper(場をシラケさせる人)

I'm the party pooper.
「俺は、パーティーをぶちこわす奴さ」

party pooper は「皆と一緒に楽しもうとしない人」「場をシラケさせる人」「興ざめな人」という意味の俗語。
パーティーに限らず、比喩としていろいろな状況で使えます。

  

break up(止める)

Aren't you going to break them up?
「彼らを止めないんですか?」

「壊す」のイメージが強い break ですが、break up は「(争っている人々を)止める」など、たくさん意味があるので要注意。

  

コピーキャット

コピーキャット [DVD]

  

be on to(~をよく知っている)

I'm on to your trick.
「きみのたくらみは、お見通しさ」

会話表現です。真相だったり陰謀だったり、裏の事情は分かってる、というようなニュアンスで使われることが多いかも。

  

カリフォルニア

カリフォルニア [DVD]

  

big time(一流)

Tell me something, big time.
「なあ、何か話してくれよ」

big-time とハイフンでつなげば、「一流の」「大物の」という形容詞。ここでは、big time と冗談ぽく呼び掛けてます。

  

black-and-blue(あざだらけの)

If Early ever saw me in a picture like that, I'd be black-and-blue for a week.
「もしアーリーが私のそんな写真を見たら、一週間はあざだらけよ」

「黒と青」は、打撲で青黒くなること。beat~black and blue なら、「~をあざができるまで殴る」。

  

蜘蛛女

蜘蛛女 [DVD]

  

mind you(いいかい)

Mind you, I have no respect for pacifism.
「いいか、俺は平和主義を尊重しない」

“Mind you” は、相手の注意を促すときの呼びかけ。「いいかい」「よく聞け」という感じ。

  

34丁目の奇跡

34丁目の奇跡 [DVD]

  

on one's mind(考えて)

What's on your mind?
「何を考えてるの?」

think を使わない言い方です。be on one's mind は、「気がかりで」「考えて」。動詞が be だと、主語は「人」ではなく「物事」になりますが、have on one's mind なら主語は「人」。

前へ  次へ

  

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system