洋画の台詞で英会話

CONTACT ME
  1. HOME
  2. 英語を楽しむ
  3. 洋画の台詞で英会話

ナイスガイ

ナイスガイ [DVD]

  

set~up(だます)

You set me up!
「ハメやがったな!」

set~up はたくさん意味がありますが、「~を罠にはめる」「だます」の意味で、よくアクション映画などに出てきます。ちなみに、1949年の The Set-Up という映画の邦題は『罠』。

  

none of my business(関係ない)

None of my business.
「俺の知ったことじゃない」

It's などの主語が省略された決まり文句。人に対して使うと、ちょっと冷たい感じに聞こえるかも。
ジャッキー・チェンが捕らえられている車の横を、サモ・ハン・キンポーが自分に言い聞かせるように何度もそう呟きながら、通り過ぎて行きます。

  

slut(アバズレ)

You are a slut.
「あんたはアバズレ女だ」

bitch と似たような意味。「ふしだらな女」「尻軽女」という、女性に対して悪態をつくときの侮蔑語。

  

something that belongs to me(私のもの)

I'm looking for something that belongs to me.
「私のものを探してるの」

直訳すれば、belong to~ は「~に属する」。to 以下が「人」の場合、その人に所有されている、支配されている、というニュアンス。

  

コン・エアー

コン・エアー [Blu-ray]

  

could be(だと思う)

Could be.
「だと思う」

相手が言ったことに対し、主語も動詞も省略して「そうだと思う」と答える時に便利です。“Might be.(かもしれない)”より、確実性が強い感じ。
「あれは君の車かい?」と聞かれ、持ち主が“Could be.”と答えてます。

  

poster child(見本)

Cyrus is a poster child for the criminally insane.
「サイラスは、精神異常の犯罪者の見本だ」

poster child は、「イメージキャラクター」「シンボル」。子供でなくても、なぜか child。
チャリティー広告のポスターなどで、子供がイメージキャラクターとして使われていることから来ている様子。

  

美女と野獣

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  

you have my word(約束する)

You have my word.
「約束するわ」

これも決まり文句ですね。普通に “I promise”でも同じだけど、you を主語にするところがが面白い。この word は、「約束、誓い」の意味。
父親の身代わりに、自分が野獣とともに城に残るとベルが約束するシーンで聞けます。

  

give me great pleasure(とてもうれしい)

It would give me great pleasure if you would join me for dinner.
「夕食にご一緒してもらえるととてもうれしい」

主語を it にして、It would [will] give me great pleasure to-不定詞 や It would [will] give me great pleasure if節 の形で、よく見かけます。
「~なら嬉しい」「~なら幸いです」と言いたい時に。

  

have feelings for(~が好き)

If I didn't know better, I'd think you had feelings for this monster.
「そんなことはないだろうが、あなたはこの怪物に好意を持っているように思える」

have feelings for は「~に特別な感情を持っている」。形容詞を付けて、some feelings(何らかの感情)、strong feelings(強い感情)というふうにも使えます。
hard feelings や ill feelings なら否定的な感情。
この台詞自体、仮定法でとても回りくどい言い方をしてます。

  

リアリティ・バイツ

リアリティ・バイツ [DVD]

  

or what(~か、それとも何?)

Is this a good morning or what?
「いい朝ですね、ねえ?」

普通なら “Good mornig.” でいいところを、バラエティ番組の司会者があえてこんな言い回しをしてます。疑問形ですが、本当に尋ねているわけでなく、「そうでしょ」と確認したり強調したりするニュアンス。

  

no point(意味がない)

There's no point to any of this.
「何にしても意味がない」

there is no point (in) ~ing のように、in+動名詞なら「~しても意味がない」「~しても無駄」。

  

コクーン/コクーン2

コクーン [DVD]

  

I for one(私としては)

I for one don't believe any of this alien crap.
「私としては、こんなばかげた宇宙人話を信じていない」

「自分としては」と言いたい時に便利な表現。for one は、「一例を挙げると」「一つには」という意味。I, for one とコンマで区切られてることもあります。

  

second thought(考え直し)

Anyone having second thoughts?
「誰か、考え直した者はいるか?」

have second thought(s) は「再考する」。「ためらう」や「二の足を踏む」の意味で使う時もあり。台詞では、文頭の Is there が省略されてます。

  

not sleep a wink(一睡もしない)

Alma didn't sleep a wink.
「アルマは一睡もしなかった」

wink は「まばたき」。「一睡もしない」という慣用表現で、たいてい否定文で使われます。get a wink of sleep と言っても同じ。

次へ

  

1 |

  

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system