間違い英語と掛け算

CONTACT ME
  1. HOME
  2. アリス
  3. 間違い英語と掛け算

curiousの比較級

比較級を作るとき、-er を語尾に付けるか、more を語の前に置くかは、単語によって決まっています。

通常、短い語(1シラブル)なら -er、2シラブル以上の場合は more です。

が、もちろん例外はあり、2シラブルでも、y で終わるものは、y を i に変えて、-er になります。
たとえば、busy - busier、pretty - prettier など。

また、angry(怒った)、clever(利口な)、gentle(優しい)など一部の形容詞は、-er も more もどちらも使えます。


そういった例外的な語とは違い、curious(奇妙な)の比較級は、more curious。

ところが、辞書には curiouser and curiouser というフレーズが、「ますます奇妙だ」という意味で載ってます。

文法的には正しくないものの、アリスが間違って curiouser と言ってしまう場面があり、そこからこの表現が一般化したようです。

  

“Curiouser and curiouser!” cried Alice (she was so much surprised, that for the moment she quite forgot how to speak good English).

“「ますます変だわ」とアリスは叫びました(あまりに驚いたせいで、そのとき正しい英語を忘れていたのです)。”

  

ナンセンスな掛け算

体のサイズが急に小さくなったと思うと、今度はとんでもなく大きくなったり。
パニック状態のアリスは、自分が誰か分からなくなります。

「自分」の存在を確認するため、習った掛け算をうまく言えるか試そうとする場面です。

  

Let me see: four times five is twelve, and four times six is thirteen, and four times seven is――oh dear! I shall never get to twenty at the rate!

“えっと。4×5は12、4×6は13、4×7は――あら、これじゃ、20に届かないじゃない!”

  

4の段ですが、計算は初めから間違ってます。

それはともかく、なぜ「20に届かない」かというと。

日本では、九九表は文字通り「9」で終わりますが、イギリスでは九九表は「12」で終わるそうです。

アリスの計算方法は、


18進法4×5=12
21進法4×6=13
24進法4×7=14
27進法4×8=15
30進法4×9=16
39進法4×12=19

18進法→21進法→24進法……と3づつ増えていく、というものです。

ところが、42進法で4×13は20にはならない、とのこと。

計算自体まったく分からないため、すみません、ギブアップ。
さすが数学者としか言えません。

前へ  次へ

【参照】
The Annotated Alice: The Definitive Edition: Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass
The Annotated Alice

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system