落下するアリス

CONTACT ME
  1. HOME
  2. アリス
  3. 落下するアリス

アリスの相対性理論

物語の序盤、白ウサギを追いかけて、穴に飛び込んだアリス。
どこまで続いているのか、なかなか下に着地しません。

長い落下中に、棚から「オレンジマーマレード」のつぼを手に取ってみるものの、マーマレードはからっぽで、アリスはがっかりします。

  

she didn't like to drop the jar, for fear of killing somebody underneath, so managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.

“アリスは、つぼを落としたくありませんでした。真下に誰かいたら、死んでしまうかもしれません。落下しながらもなんとか、つぼを食器棚のひとつに戻しました”

  

このくだりは、アインシュタインの相対性理論に矛盾します。

たとえば、飛行機から何か落としてそれが不運にも地上にいる人に当たったら、まず即死。

でも、自分も落下しながら何かを落とした場合、つぼを手から離しても、アリスの目の前にとどまるだけだし、落下中のアリスが棚につぼを置くこともできません。

ルイス・キャロルは数学者ですから、もちろん、それを分かった上での描写です。

  

デス・ジョーク

人の死をさらっと言う death joke(デスジョーク)は、『アリス』の物語に頻繁に出てきます。

  

Why, I wouldn't say anything about it, even if I fell off the top of the house!(which was very likely true.)

“まあ、たとえ家の屋根から落ちても、私は何も言わないわね。(それはたぶん、そうだろう)”

  

英国の詩人ウィリアム・エンプソンは、これが『アリス』の最初のデスジョークだ、と言ってます。

果てなく落ち続けながら、アリスは「きっと階段から落ちるぐらい、もうどうってことない」と考えます。

その後、「たとえ屋根から落ちても」とモノローグが続くのですが、屋根から転落したら、おそらく何も言わない(というより、話せる状態ではない)でしょう。

前へ  次へ

【参照】
The Annotated Alice: The Definitive Edition: Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass
The Annotated Alice

英文法・英語雑学

「文字通り」じゃないliteral  …more

学習法・英語教材

英語がモノになる学習法  …more

アリスを英語で読む

『アリス』は言葉遊びの宝庫  …more

洋画の台詞・ゲーム

もっと英語を楽しむために  …more

ワーキングホリデー豆知識

ニュージーランドでワーホリ  …more

便利・お役立ち

ランゲージエクスチェンジ

オンライン辞書

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system